予防接種のご案内

蒲田医師会館では予防接種を行っておりません。かかりつけ医療機関でご相談下さい。

定期予防接種(一類)

ワクチン名

接種

対象年齢

標準的な接種年齢

回数

DPT-IPV
(4種混合)

1期初回 生後3~90ヵ月に至るまで

生後3~12ヵ月に達するまで

3回

1期追加  生後3~90ヵ月に至るまで
(初回接種終了後6ヵ月以上の間隔をおく)

初回接種終了後12~18ヵ月に達するまでの期間

1回

不活化ポリオ

初回  生後3~90ヵ月に至るまで

生後3~12ヵ月に達するまで

3回

追加  生後3~90ヵ月に至るまで
(初回接種終了後、6ヵ月以上の間隔をおく)

初回接種終了後12~18ヵ月に達するまでの期間

1回

DT

2期  11歳以上13歳未満

11~12歳に達するまで(小学校6年生)

1回

MR *1

1期  1~2歳に至るまで

1回

2期  5歳以上7歳未満で小学校就学前の1年間(いわゆる年長児)

1回

麻しん

MRの対象者(1・2期)で風しんに罹患した方。MRの接種も可。

2回

風しん

MRの対象者(1・2期)で麻しんに罹患した方。MRの接種も可。

2回

日本脳炎 *2

1期初回  生後6~90ヵ月に至るまで

3~4歳に達するまで

2回

1期追加  生後6~90ヵ月に至るまで
(1期初回終了後概ね1年おく)

4~5歳に達するまで

1回

2期  9歳以上13歳未満

9~10歳に達するまで(小学校4年生)

1回

BCG

生後1歳に至るまで

生後5~8ヵ月に至るまで

1回

水痘

生後12~36ヵ月に至るまで
(3ヵ月以上の間隔をあけて2回接種)

1回目 生後12~15ヵ月
2回目 1回目接種後6~12ヵ月経過後

2回

B型肝炎 *3

生後1歳に至るまで

生後2ヶ月~9ヶ月に至るまで

3回

小児肺炎球菌

生後2~60ヵ月に至るまで

2~6ヵ月開始

初回3回(生後24ヵ月に至るまで)
*初回2回目は、生後12ヵ月に至るまでに行うこととし、それを超えた場合は、3回目の初回接種は行わず、追加接種を受ける。

 

追加1回(初回接種終了後60日以上の間隔をおいて、かつ、1歳に至った日以降)

4回

7~11ヵ月開始

初回2回(生後24ヵ月に至るまで)
*初回2回目は、生後24ヵ月に至るまでに行うこととし、それを超えた場合は、2回目の初回接種は行わず、追加接種を受ける。

 

追加1回(初回接種終了後60日以上の間隔をおいて、かつ、1歳に至った日以降)

3回

1歳~2歳未満

初回1回

 

追加1回(初回接種終了後60日以上の間隔をおく)

2回

2歳以降開始

1回

乳幼児ヒブ

生後2~60ヵ月に至るまで

2~6ヵ月開始

初回3回(生後12ヵ月に至るまで)
*初回2回目及び3回目は、生後12ヵ月に至るまでに接種し、それを超えた場合は行わない。この場合、追加接種は、初回最後の注射終了後27日以上の間隔をおく。

 

追加1回(初回接種終了後7ヵ月以上の間隔をおく)

4回

7~11ヵ月開始

初回2回(生後12ヵ月に至るまで)
*初回2回目は、生後12ヵ月に至るまでに接種し、それを超えた場合は行わない。この場合、追加接種は、初回最後の注射終了後27日以上の間隔をおく。

 

追加1回(初回接種終了後7ヵ月以上の間隔をおく)

3回

1歳以降開始

1回

子宮頸がん
(HPV)

積極的接種勧奨の中止

  • *1 2歳以上18歳以下の接種日現在大田区に住民登録がある方で、定期予防接種のMR予防接種が未接種の方に対して、助成事業が実施されています。
    接種を希望される方は、事前に大田区保健所窓口に母子健康手帳等を持参し、予診票の交付を申請して下さい。
  • *2 日本脳炎は、1期、2期ともに特例措置が実施されています。未接種及び接種を完了せずに定期予防接種の対象年齢を過ぎてしまった方で、生年月日が平成7年4月2日から平成19年4月1日の方で20歳未満の方は定期予防接種として接種できます。
    また、生年月日が平成19年4月2日から平成21年10月1日までの方は、9歳以上13歳未満の間、第1期未接種分の接種ができます。
  • *3 平成28年4月1日から平成28年9月30日までに生まれた接種日現在大田区に住民登録がある方で定期接種のB型肝炎ワクチン予防接種(3回接種)が未完了の方に対して、助成事業が実施されています。(平成29年4月1日~平成29年9月30日まで)
    接種を希望される方は、事前に大田区保健所窓口に母子健康手帳等を持参し、予診票の交付を申請してください。

▲トップに戻る

高齢者予防接種

(1)肺炎球菌

定期接種
対象者

当該年度の3月31日現在で、次の①、②のいずれかに該当する方
①65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳となる方
②60歳から64歳で心臓、腎臓、呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害がある方(身体障害者手帳1級相当)
*過去に肺炎球菌ワクチン(23価)の接種を受けたことがある方は対象外

接種費用

4,000円(生活保護受給者などは無料)

任意接種
対象者

大田区に住民登録があり、平成30年3月31日現在71歳以上で、定期対象者ではない方
*過去に肺炎球菌ワクチン(23価)の接種を受けたことがある方は対象外

接種費用

4,000円(生活保護や中国残留邦人自立支援給付の受給の有無に関わらず一律4,000円)

(2)インフルエンザ

実施期間

平成29年10月1日~平成30年1月31日

対象者

①65歳以上の者
②60歳以上65歳未満の心臓などに障害を有する厚生労働省令に定める者
(年齢は平成29年12月31日現在のものとする。)
*対象者全員に大田区が「予診票」を郵送。

接種費用

2,500円(生活保護受給者などは無料)

▲トップへ戻る

大田区風しん抗体検査・予防接種

大田区では、平成29年4月1日から平成30年3月31日までに、風しんの抗体検査・予防接種を受ける方へ費用を助成しています。

(1)助成対象者

抗体検査

大田区に住民登録のある満19歳以上の妊娠を予定または希望する女性及びそのパートナー。但し、下記の①~③に該当する方は対象外。
①明らかに過去に風しんの抗体検査を受けたことがある
②明らかに過去に風しん(MRを含む)の予防接種を受けたことがある
③明らかに過去に風しんにかかった(診断された)ことがある

予防接種

接種日現在、大田区に住民登録のある満19歳以上の妊娠を予定または希望する女性(男性は対象外)で、抗体検査の結果、低抗体者であると判明した方。
*妊娠中の方は予防接種を受けられません。

(2)検査及び接種費用

無料

▲トップへ戻る